車の移動中に盛り上がるゲーム「ワードウルフ」

インドア

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

この間、車の移動時間で「ワードウルフ」をやりました!

ちょっとした移動時間、旅行先などで楽しめるゲームになっているので覚えておくと重宝する遊びです。

今回はそんな「ワードウルフ」を紹介していきます!

ワードウルフとは

ワードウルフはウソをついている人を見つける会話型ゲームです。

ゲームは3人以上から始めることができます。

二つのワードが用意され、一つのワードは大人数、もう一つのワードは少人数に振り分けられます。自分に与えられたワードについて会話しながら、自分とは違うワードの人を探していきます。

(例)プレイ人数:4人  ワード:リンゴ・バナナ

この例の場合、プレイヤー3人にはリンゴのワード、残りの1人にはバナナのワードが与えられます。

次に制限時間を決めて自分の与えられたワードについてプレイヤー全員で会話していきます。例えば、「食べ物だよね」、「美味しいよね」などワードに対しての特徴を話していきます。こんな感じで会話を続けていき、会話のかみ合わない人を探していきます。

制限時間が来た時に少数プレイヤーだと思う人を投票で決め、正解だったら大人数プレイヤーの勝ち、逆に不正解なら少数プレイヤーの勝ちになります。

スマホ一つあればできる

ワードウルフはスマホアプリです。スマホ一つあればゲームをすることができます。

参加人数とジャンルを選択するだけの簡単さなので、ちょっとした空き時間で行うことがでるのも魅力です!

ジャンルをしっかり指定すれば、難しいワードも出てこなくなるので大人から子どもまで幅広くゲームを楽しむことができると思います。

少数ワードが自分かもしれない

このゲームの面白いところは、少数ワードが自分かもしれないことです。

人狼ゲームのように自分が鬼だと分かっていれば、会話に話を合わせて対応することができますが、ワードウルフは二つのワードが用意されているだけで誰が少数ワードかゲームが終わるまで分かりません。

下手に情報を与えすぎると少数ワードの人に気づかれるかもしれないし、かといって警戒しすぎると疑われてしまいます。

二つのワードには程よく共通点があるので信頼を得ることができるような会話かつ、自分の情報を与えすぎようにすることがポイントです。

まとめ

今回はちょっとした時間で遊ぶことができる「ワードウルフ」について紹介しました!

車の移動時間や旅行先で楽しむことができるゲームの一つになので、ぜひ覚えておいてください!

会話が途切れた時、全員で話すときなどにちょうどいいゲームになっています。

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!