【心理パーティーゲーム】人狼ゲームの遊び方から、おすすめのやり方を紹介します!

インドア

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

僕が大勢で遊ぶ時は、必ずと言っていいほど人狼ゲームをしています。

今やテレビやYouTubeでも取り上げられ、定番のパーティーゲームとなった人狼ゲームですが未だに知らない方も多いみたいですね。

そこで今回は人狼ゲームを簡単に紹介!

概要から個人的におすすめする遊び方まで、今後人狼ゲームをするうえで知っておいた方がいいことを紹介していきます!

人狼ゲームとは

人狼ゲームは会話型のパーティーゲームです。


ある村に人狼という人に化けた狼が紛れ込んでしまいます。

その人狼は毎晩一人ずづ村人を食べていき、村を恐怖の渦に陥れていきます。

このままでは村を滅ぼされてしまうと思った村人たちは、話し合いにより人狼を見つけ出し、村から追放することにします。

能力者の力と会話から得た情報を頼りに人狼を見つけることができるのだろうか?


おおまかなストーリーはこんな感じです。

ゲームとしては村人チームと人狼チームに分かれて遊びます。

村に紛れ込んだ人狼を見つけ出し、追放することができれば村人チームの勝ち。

人狼と村人の数が同じになるまで村人を減らすことができれば、人狼チームの勝ちになります。

会話を中心としたゲームなので誰でも参加することができるのと、会話する場所があればどこでも遊ぶことができるのが人狼ゲームの特徴です。

カードゲームとスマホアプリがある

カードゲームで遊ぶ方法とスマホアプリで遊ぶ方法があり、遊び方によって少し違いがあります。

カードゲームで遊ぶ場合はプレイ人数+ゲームマスターが必要になります。

このゲームマスターが役職、時間設定、能力者の行動を全て把握し、ゲームの進行係になります。

スマホアプリで遊ぶ場合はゲームマスターはいりません。アプリがゲームマスターも含めてゲームを進行してくれます。

違いはゲームマスターがいるかいないかになりますが、このゲームマスターが結構重要な役割になります。

カードでもスマホでも人狼ゲームのルールは変わらないので、初心者の方はまずスマホアプリで遊んでみましょう。

カードゲーム↓

役職について

ここで先ほどから言っている能力者について説明します。

ストーリーでは能力者として紹介しましたが、人狼ゲーム内では役職と呼ばれているのでここからは役職として説明していきます。

ゲームを始める前に参加者の役職を決めていきますが、この役職によって村人チームと人狼チームに分かれます。

遊ぶカードやアプリによって役職にも違いがあるので、ここでは一般的な役職を紹介していきます。


村人(市民)チーム:村人(市民)、占い師、騎士(ボディーガード)、霊媒師

人狼チーム:人狼、裏切り者(多重人格)


・村人(市民)

村人チームです。なんの能力も持たない一般人になります。村人チームの中で最も多く存在する役職になります。

・占い師

村人チームです。毎晩一人だけ、人間か人狼か占うことができます。

・騎士(ボディーガード)

村人チームです。毎晩一人だけ、人狼の襲撃から守ることができます。ただし自分自身を守ることはできません。

・霊媒師

村人チームです。毎晩追放されたプレイヤーが人間か人狼か知ることができます。

・人狼

人狼チームです。毎晩一人だけ、村人チームのプレイヤーを襲撃します。人狼が二人以上いる場合は、人狼同士誰が人狼か分かります。

・裏切り者(多重人格)

人狼チームです。能力は持っておらず、人狼チームが勝利することで自分も勝利になります。誰が人狼かは分かりません。


これらが基本的な役職になります。

この役職以外にも特徴的な役職が多くありますが、遊ぶものによって内容もかなり違います。

追加役職で一番王道なのが吸血鬼(妖狐)です。

村人チームにも人狼チームにも属さない役職で、村人チームが勝っても人狼チームが勝っても、ゲーム終了時に生き残ってさえいれば勝利になる特殊役職になります。

この場合吸血鬼の一人勝ちになるので、吸血鬼をいれる時は人狼ゲームに慣れた上級者から使うようにしましょう。

個人的におすすめする遊び方

人狼ゲームの概要がある程度分かったと思うので、ここからは僕がおすすめするゲーム設定を紹介します!

人狼ゲームは5人~8人で遊ぶのがちょうどいいです。

4人以下だとゲームをすることができませんし、9人以上になるとゲームが長くなってしまいます。

人狼ゲームは1ターン毎に人数が減っていくので、人狼に襲撃された人や投票で追放された人はゲームの観戦者になります。

あまりに大人数でやるとゲーム時間が長くなってしまい、観戦者の人が退屈になってしまうので注意しましょう。

また役職は先ほど紹介した一般的なものを使うようにしましょう。

正直言って一般的な役職で遊ぶのが一番盛り上がります。

役職を一つ追加するだけでも内容がかなり変わるので、慣れてきたら少しずつ変えてみましょう。

では僕がよく遊ぶゲーム設定を紹介します!


  • スマホアプリを利用
  • 裏切者を必ず入れる
  • 1日目の人狼の襲撃なし
  • 話し合いの時間は5分~10分
  • 投票は公開しない

・スマホアプリを利用

ゲームマスターの要らないスマホアプリの方が遊ぶ人全員参加することができるのでおすすめです。

特に外出時にカードゲームを持ち歩くのはなかなかめんどくさいので、常に持ち歩いているスマホの方が便利で持ち物も減ります。

ただ難点としてバッテリーが無くなることと、使用するスマホをいじることができないのことが挙げられます。

モバイルバッテリーを持ったり、普段使用しないスマホを利用するなどして対応しましょう。

・裏切者を必ず入れる

人狼ゲームにおいて裏切者はかなり重要なポジションになります。

特に人狼が一人の場合、人狼をサポートできる役職があるととてもゲームバランスが良くなります。

そういった意味で人狼チームということ以外、何も能力を持っていない裏切者はとてもおすすめです。

ただ裏切者は人狼ゲームに慣れていないと立ち回りが全く分からないので注意しましょう。

・1日目の人狼の襲撃なし

1日目の人狼の襲撃はなしの方がいいと思います。

理由としてはゲーム開始から全くゲームに参加することができない人が出てくるからです。

ただ見ているだけのゲームほど、つまらないものはないですよね?

せっかくみんなで人狼ゲームをするなら全員参加で楽しみましょう!

・話し合いの時間は5分~10分

話し合いの時間はしっかり決めておきましょう。

決めていないとぐだぐだになりますし、なによりゲームが長くなります。

5分~10分ぐらいだと話せる内容はちゃんと話せて、ぐだぐだになることもないのでおすすめです。

・投票は公開しない

投票は公開しない方はいいです。

誰に投票したか知ることでゲームを進めていくやり方もありますが、個人的に投票を公開しない方が盛り上がる気がします。

この部分に関しては個人差があると思うので、実際にやってみて試してみてください!

まとめ

今回は人狼ゲームの紹介をしました!

人数としてはある程度必要ですが、頭を使って遊べるゲームになっているのでとてもおすすめです。

ゲームの内容を掴むまでは難しく感じる人もいるかもしれませんが、慣れてくれば遊びの一つとして利用できること間違いありません!

まずは簡単な設定から始めてみて、回数こなして来たら役職を変えてみると長時間楽しむことができると思うので、ぜひやってみてください!

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!