時間をお金に換算するといくらなのか?

ストライカーの日常

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

今回はこの間投稿した「ストライカーの日常第5弾」の作成中に思ったことについて話していこうと思います!

ストライカーの日常第5弾では時間の大切さを紹介しました。普段よりも早起きすることで得をするというもので、逆に遅く起きることで失う損は大きいということでした。

これはつまり時間という価値を得られるということになります。

これを踏まえてうえで思ったことが「時間をお金に換算するといくらぐらいになるのか?」ということです。

人の情報は視覚が8割と言われています。要するに時間という価値は目に見えないから分かりにくいのであって、目に見えて、それでいて身近にあるお金に換算することができれば時間の価値が分かるのではないかと思いました。

僕は専門家じゃないので根拠のある説明はできないかもしれませんが、僕の得た情報と考え方をもとに紹介していきたいと思います!

人が一生涯で稼ぐお金は約2億円

働く期間や職業によって生涯収入に差があるのはもちろんですが、今現在、人が一生涯に稼ぐお金は2億円と言われています。

あくまで平均した金額が2億円ということなので一概には言えません。

学歴によっても差が出るらしく、中卒だと1億7000万円、高卒が2億円、大卒が2億5000万円と言われています。

平均した金額が2億円ということでしたが、中卒、高卒、大卒の間にいる高卒も2億円ということなので今回はこの2億円をベースに換算していきます。

人が生涯生きる時間は約73万時間

現在の日本の平均寿命を調べてみたところ、男性が81.09歳、女性が87.26歳でした。

今回はこの男女の平均寿命を足して二で割ったものを平均寿命として考えます。ということで、日本の平均寿命は84.175歳となります。

小数点以下は切り下げて84歳とし、これを時間単位で計算すると73万5840時間になります。

人は一生涯に約73万時間の時間を過ごすと思うと凄いですよね!スケールが大きくて、イマイチ想像できないと思います。

そこでいよいよ本題の時間をお金に換算してみましょう!

揃った情報をもとに計算してみると、、、

生涯獲得収入が2億円。一生涯の時間が73万5840時間。これを計算すると、約272円となります。

要するに1時間あたり272円の価値があるという事です。

272円と聞くと大した額じゃないように聞こえますが、これを1日で計算すると6528円になります。

この数字を聞くとちょっともったいない気がしませんか?

ちょっとした時間の無駄遣いが大きな損失になっていくと思うと、限りある時間を大切にしないといけません。

まとめ

さて今回は時間をお金に換算することによって時間の価値について考えてみました!時間に対する価値観が変わったでしょうか?

僕も時間を大切にし始めたのは大学生になったときです。学生時代しか遊べないという事に気が付いたその時から時間を大切にしてきました。社会人になって、学生の時に時間の価値に気が付いててよかったと心の底から思います。

1時間で272円。1日で6528円。1か月で19万5840円。1年で235万80円になります。

時間の無駄遣いも積もり積もって大きな損失になるわけなので、まずは時間の価値を認識し、時間を大切にしましょう!

今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!