【経験セレクト】ストレスの発散方法5選!

考え方・心理

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

この間久しぶりに会社の同期と呑みに行きました。

社会人になってから感じることですが、新入社員は学生時代のギャップからか、会社の愚痴やストレスの話をよく聞きます。

僕も不満がないかと言われれば嘘になりますし、同期の友達も同じく不満を漏らしていました。

というわけで今回はストレスの発散方法を5個紹介したいと思います!

不満や不安がある中で、どのようにストレスを発散して楽しい生活を送っていくのか参考になればと思います。

歌を歌う(声を出す)

歌うとスッキリしませんか?

声を出すことはストレスを解消する手段として一番良い方法です。

カラオケで歌うのはもちろん、車の移動中やお風呂の中など、比較的歌うことができる場所はたくさん存在するので簡単に取り組むことができます。

歌うことが好きな人にとっては、これほど一石二鳥なストレス発散方法はないと思います。

ストレスが溜まったもの同士で行くカラオケは非常に盛り上がるのでおすすめです。

誰かと話す

話すというのは自分の溜まったストレスを吐き出すことができます。

家族や友達、恋人など自分の事をよく知っている人なら会話も弾みますし、嫌なことや辛いことを忘れさせてくれることでしょう。

逆にあまり親しくない人に話すのも一つの方法です。親しくない人だからこそ話せる内容があると思います。

話すことはストレスを忘れる(楽しい時間を送る)こともストレスを吐き出すこともできると思うので、ストレスの発散に困っている人はまず誰かと話してみましょう。

お酒を飲む

お酒を飲むのもストレスから逃れる一つの方法だと思います。

お酒はどの国でも必ずあります。(本当に不思議)

これはお酒という物が人生を送るうえで必要な物だと証明している気がします。

お酒は飲んで楽しくなることもできれば、嫌なことを忘れることもできるので、二つの意味でストレス発散する方法として適しています。

話すことと併用することでさらに効果があると思うので、お酒を飲むときは誰かと一緒に行きましょう!

ただお酒はストレスを抱えた状態で飲むと、過ちを起こしやすいので注意しましょう。

あとで後悔しないようほどほどに飲むのがおすすめです。

趣味に没頭する

好きなことをしている時はストレスなんて感じないと思います。

趣味や好きなことに没頭することでストレスはかなり軽減されるので、やりたいことがある人はストレスを忘れるうえでもしっかり取り組みましょう。

逆にやりたいや趣味が無い人は、強いて言えばでいいので取り組んでみてください。

これをきっかけにはまる可能性もありますし、何かに取り組むこと自体がストレスを忘れる一つの方法です。

ストレスの原因から逃げる

ストレスの原因が分かっているならその原因から逃げることも大事だと思います。

僕の場合、今働いている仕事にあまり魅力を感じていないので、ブログという逃げ道を利用してストレスから逃れています。

辛い環境から逃げることは恥ずかしいことではありません。

むしろ新しい環境に活路を見出し、目標ができる方がストレスフリーの生活を送ることができると思います。

まずはストレスを感じる環境でストレスを発散することができるか見極め、ストレス発散しきれないと感じた時はそのストレスから逃げる方法を探してみてください。

まとめ

さて今回はストレスの発散方法を5個紹介しました。

生きていく中で、ストレスの無い人の方が珍しいと思います。

よく毎日が楽しそうだといわれる人がいますが、それはストレスと上手に向き合っているだけです。

やりたいことだったり、考え方だったり、ストレスとの向き合い方が分かってくると毎日の生活が楽しくなります。

まずは自分に合ったストレス発散方法を見つけてみてください。それでもストレスを感じる人は環境を変えてみましょう。

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!