お金を貸すときは「貸す」ではなく「あげる」と思った方がいい。【返してほしいと思うぐらいならぐらいなら貸すな】

考え方・心理

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

先日、友人からこんな話を聞きました。「友達がお金を返してくれなくて困っている。」

お金の貸し借りをする時、みなさんはどうされていますか?

僕はお金を貸すとき返ってこない前提で貸すようにしています。

お金の貸し借りはどこにでもあることだと思いますが、そのやり取りを少しでも間違えると人間関係は崩れてしまいます。

人間関係のトラブルに巻き込まれないためには、お金の貸し借りをしないことが一番です。

しかしどうしても貸さないといけないときにどのような対応をするべきなのか。またどのような心構えでいるべきなのか。

今回はお金の貸し借りにおける考え方についてお話ししていきます。

お金を借りる人の心理

まずお金を借りる人はどんな理由でお金を借りると思いますか?

手元にお金がない、財布にお金が入っていない、貯金がないなど様々な理由があると思いますが、どれも共通して言えることはお金がないということです。

手元にお金がないという人はお金自体を持っていないわけではないので、貸す側としてもあまり問題ないと思いますが、貯金がないという人に貸す場合は気をつける必要があります。

なぜなら前者はお金を返す目途がありますが、後者はそれがありません。

お金を借りたい人は使う予定はあるけどお金が入ってくる予定はありません。

つまり返すお金はないという事なので手元にお金がない人はともかく、貯金がないという人にお金を貸す場合は注意しましょう。

またお金を借りる人も貸してくれそうな人を選んでいます。

もし自分がお金を借りる立場だった時、貸してくれそうな人か頼みやすそうな人にお願いしませんか?

要するにお金を借りる側の心理として、貸してくれそうな人にお願いしている場合が多いので、よくお金を貸してほしいと言われている人は頼みやすい人になっていることを自覚しましょう。

お金を貸すときは「貸す」ではなく「あげる」

何度も言いますが、お金の貸し借りで人間関係のトラブルに巻き込まれたくなければお金を貸さないことが一番です。

ただ貸す相手が仲のいい友人で会ったり、先ほど言ったような手元にお金がないだけの人に頑なに貸さないのは、それはそれで関係に傷を作る可能性があります。

そこで大事なのは「お金を貸すうえで信用できる相手なのか」「貸したお金をあげたと思うことができるか」の二つです。

一つ目の「お金を貸すうえで信用できる相手なのか」ですが、これは貸したお金を返してくれる相手かどうかという意味です。

誰もが貸したお金を返してほしいと思います。だからこそお金を貸す相手はお金を返してくれる相手だけにすべきです。

稀に親しくもないのにお金を貸してくれと言ってくる人がいますが、僕は大して親しくもない人にお金は絶対貸しません。

お金を貸すという事は自分の財産を渡すという事でもあるので、お金を貸す場合はそのことを忘れずに貸す相手を選ぶようにしましょう。

二つ目の「貸したお金をあげたと思うことができるか」ですが、これは貸したお金が返ってこなくてもいいと思えるかです。

多くの人は貸したお金が必ず返ってくると思っています。でもそれは間違いです。

何度も言うようにお金を借りる人はお金がなくて借りているんです。お金がないのに返すお金なんてありません。

だからこそお金を貸すときは「貸す」のではなく「あげる」と思うようにしましょう。

その方が返ってこなくても心に余裕を持つことができますし、仮に返ってくれば期待していなかった返金なので喜びがあります。

この二つに注意しておけばお金を貸す際、最低限の余裕と判断ができるようになるので意識してみてください。

返してほしい場合の対処法

お金を貸すのではなくあげると思って渡したとしても、貸したお金は返してほしいと思うのが本音だと思います。

そこでここからは貸したお金が返ってきやすくなる方法を紹介します。

返してほしいことを相手に伝える

何も言ってこないことをいいことに、借りたこと自体をなかったことにする人がいます。

お金を借りる人の中には返したくない人も結構いるので、うやむやにされないためにも返してほしいことは相手に伝えましょう。

伝える方法としては第三者がいる所で言うのが効果的です。

第三者が証人になることで周りの雰囲気がお金を返す流れにさせやすくなります。

借りる人も証人がいる状態ではなかなか断りづらいのでおすすめです。

返してくれる日にちを具体的に聞く

相手に返してほしいことを伝えるのと同時に、いつ返してくれるのか具体的に聞いておくのも効果的です。

具体的に返す日にちを決めておけば催促もしやすくなりますし、うやむやにされるのを防ぐ効果もあります。

言い訳して返すのを渋る人にはこの方法で対応しましょう。

返さなければ次は貸さないと言う

当然と言えば当然ですが、返さなければ次は貸さないことを伝えましょう。

これを言っておけば大抵の人は返してくれますし、返してくれなかった場合、返さなかったことを理由に次貸さなくてもよくなります。

貸してほしいと頼まれた時に断れない人はこの方法を利用して、次回から貸さなくてもいいようにしておきましょう。

まとめ

お金の貸し借りはなくなることはありません。

だからこそお願いされた時にどう対処するかが重要になります。

一番はお金を貸さないこと。二番はお金を貸すならそのお金はあげたと思うことです。

お金を貸す状況は誰しも必ずあると思います。その状況にどう対応していくか理解していれば、お金の貸し借りによる人間関係のトラブルに巻き込まれることもありません。

お金を貸す機会が多い人は貸す状況について充分に理解したうえで貸すようにしてみてください。

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!