【始めて行く人へ】抑えておくべき宮島のスポットを紹介!

旅行・ドライブ

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

少しづつブログ記事を増やしていく中で遊びやスポットを紹介している僕ですが、地元を紹介したことは一度もないことに気が付きました(笑)

改めて紹介しますが僕の地元は広島です。広島といえば日本三景の一つである「宮島」が有名だと思います!

そこで今回はまだ宮島に行ったことがない人をメインに宮島を紹介するという事で、広島出身が教える押さえておくべき宮島のスポットを紹介したいと思います!

宮島とは

世界文化遺産の厳島神社をはじめとする古い建造物が多く存在し、日本三景の一つとして有名な観光地です。

日本人だけでなく毎年多くの外国人が訪れ、常に人で賑わっています。

人と神が共に生きる島として、神社やお寺も多くあるので「神に守られた島」とも呼ばれています。

観光場所だけでなく、瀬戸内海の海の幸やご当地名物も沢山あるのでグルメ好きの方にもおすすめな観光地です。

世界文化遺産、厳島神社

やはり一番初めに紹介する場所はここですね。世界文化遺産である厳島神社!

知らない人はかなり少ないと思います。宮島といったら厳島神社!というぐらい有名な観光スポットですよね。

平清盛が建てた建造物で、本州からも見える大鳥居や海の上に建つ神社は写真を撮らずにはいられないぐらい感動するものがあります。

厳島神社の先端には大鳥居をバックに写真を撮ることができますし、満潮時には船で、干潮時には歩いて大鳥居の下をくぐることができます。

宮島に着いた瞬間真っ先に行ってみたい場所だとは思いますが、潮の状況に応じて行ってみるといいでしょう!

瀬戸内海を一望できる弥山

宮島で一番高い山として弥山があります。

晴れた日には瀬戸内海を一望でき、壮大な景色を楽しむことができます。

長時間かけて登るハイキングコースで弥山の豊かな自然を感じながらゆっくり登ることもできますし、バスやロープーウェイを使って景色だけを楽しむ方法もあります。

弥山の頂上にはくつろぐことができる展望台があるので、登山者や旅行者の人は景色を楽しみながら一休みしています。

晴れた日に見える水平線は想像以上の感動があるのでぜひ見てみてください!

厳島神社を囲む寺々

宮島には厳島神社を囲むようにお寺が存在してます。

豊国神社、五重塔、大願寺、大聖院とそれぞれ見るべきところは沢山あるので時間があれば順番に回りましょう。

個人的に大聖院はぜひ行ってほしい場所です!

フェリー乗り場から少し距離がありますが、仁王門から御成門にかけてある大般若経筒はその長さに驚くと思います。

宮島に住む神々のご利益をいただいてみてください。

宮島商店街で食べ歩き

フェリー乗り場から厳島神社にかけて商店街があります。

広島名産の牡蠣や名物もみじ饅頭など、様々な美味しい食べ物を食べることができるので必ず商店街を通って観光しましょう!

特にもみじ饅頭を油で揚げた「揚げもみじ」はめちゃくちゃ美味しいのでおすすめです!

鹿と記念に一枚

昔ほど数はいませんが、野生の鹿がその辺で寝てたり歩いてたりします。

人間慣れしてて近づいたり触ったりしても逃げないので、一緒に写真を撮る人も多いです。

ただ食べ物に敏感なので、持っている物やカバンの中身を荒らします。

キーホルダーを食べられたとかよく聞く話なので、本当に注意しましょう(笑)

まとめ

さてここまで宮島の名所から名物まで簡単に紹介してきました。

いかがだったでしょうか?宮島の魅力が伝わりましたか?(笑)

この他にも宮島水族館や夏には宮島花火大会があるので気になった人はぜひ宮島に足を運んでみてください!

それでは今回はここまで!また次回の記事でお会いしましょう!