【一日遊べる】明治村なら充実した観光ができる!迷ったらここに行こう!【愛知観光】

旅行・ドライブ

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

三重に仕事で常駐していますが、休みの日は友達と遊ぶために愛知に帰っています。

そんな中、この前初めて「明治村」に行きました。

少し前の朝ドラでも登場していた場所だったのと博物館というのもあり、3時間程度観光できたら十分だろうと思っていたのですが、広大な敷地と見るものの多さにとても半日では回ることができませんでした。

個人的にもう一度行ってみたいと思いましたし、明治時代の風景を見れる新しいテーマパークにも捉えることができると思ったので、今回は明治村について紹介したいと思います!

明治村とは

明治村は愛知県犬山市内山1番地にある博物館です。

様々な映画やドラマのロケ地として使われており、最近では朝ドラの「半分、青い。」や「わろてんか」、「まんぷく」などの話題作で使用されています。

詳しくは園内のパンフレットにも情報が記載されているのでそちらを見てみてください。

アクセス手段としては車で来るのが一番だと思いますが、電車とバスを利用して来ることも可能です。

料金は次のようになっています。

大人:1700円 のりもの一日券付:2700円
大学生・シニア(65歳以上):1300円 のりもの一日券付:2300円
高校生:1000円  のりもの一日券付:2000円
中学生:600円  のりもの一日券付:1700円
小学生:600円  のりもの一日券付:1300円

個人料金なので団体になると料金は変わってきますが、今回は個人で行くことを前提にしてるので省略します。

また明治村には明治村住民登録(年間パスポート)があり、そちらの料金が次のようになっています。

大人:3500円
大学生・シニア(65歳以上):2500円
高校生:2300円
中学生・小学生:1300円

年に2回以上行く予定があるなら年間パスポートを購入しても問題と思います。

個人的に実感しましたが一日で回ろうと思うとかなりハードなので、その辺はしっかりと理解したうえでチケットを購入するようにしましょう。

明治時代にタイムスリップしたような気分になれる

明治村は明治時代の建造物がたくさんあり、中には国の重要文化財に指定されている建造物もあります。

広大な敷地に並ぶ建造物が明治時代を感じさせる街並みを作っているので、タイムスリップしたような感覚を味わうことができます。

先ほども言ったように、映画やドラマのロケ地として使用された建物もたくさんあるので、それらの建物も意識して見てみるとまた違った楽しみ方をすることができます。

有名どころから見て回るのもいいと思いますし、順々に見て回るのもいいと思うので、それぞれのペースに沿った明治村観光をしてみましょう。

明治村ならではの交通機関

明治村は広大な敷地を5つのエリアで分けられており、正門から北口まで歩いて20分ほどかかります。

全ての建造物を見ようと思うとかなりの距離を歩かなくてはいけないので大変ですが、村の中には交通機関が用意されています。

・村営バス・・・1丁から5丁目までの全てのエリアを経由するバス
・京都市電・・・2丁目、3丁目、4丁目を通る市電
・蒸気機関車・・・4丁目から北口までを繋ぐ蒸気機関車

どの乗り物も普段中々乗ることができない乗り物になっているので、移動に疲れたと感じたらぜひ利用しましょう。

どの乗り物もそれぞれ乗車料金が必要なので、全ての乗り物を乗るつもりなら、のりもの券付の入場券を買うようにしましょう。

飲食店も充実

1丁目から5丁目までの全てのエリアで食事処か喫茶店が用意されています。

明治時代の食事や名古屋の名物を楽しむことができるので、休憩がてらどこで食事するか決めておきましょう。

僕は5丁目にある浪漫亭というところでオムライスを食べました。

昔ながらの雰囲気を感じる内装とふわとろ卵のオムライスの味にとても満足しました。

他の場所では牛鍋、きしめん、和食、バーなどが用意されているようなので、グルメとしても楽しめると思います。

昔ながらの駄菓子屋もあるので、駄菓子やアイスキャンデーを買って、子どもの時を思い出すのもいいかもしれません。

期間限定イベント(リアル脱出ゲーム)

2019年9月11日~2019年12月15日の期間限定で「るろうに剣心」とコラボしたイベントが開催されています。

特別展やスタンプラリーなどこの期間でしか体験できないイベントが沢山ありますが、その中でもリアル脱出ゲームは難易度もしっかりしており楽しめること間違いありません。

リアル脱出ゲームなので内容を話すことはできませんが、修羅潜む京都からの脱出という事をテーマに、敷地内を歩いて謎と説いていくウォーキング型のリアル脱出ゲームになっています。

5丁目の「宮津裁判所法廷」でリアル脱出ゲームのキットを購入することができるので興味のある人は行ってみてください。

リアル脱出ゲームが何か分からない人はこちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

明治村は広大な敷地の中に明治時代の建造物がたくさん存在し、その建造物が作る街並みがタイムスリップしたような気分にさせてくれます。

一日で回るには結構ハードな広さだと思うので、見る場所を厳選したり、乗り物を利用するなどして観光してみましょう!

個人的に乗り物は結構おすすめです。移動手段としてもそうですが、どの乗り物も明治時代のレトロな雰囲気を感じることができます。

写真映えする建物が多いので、写真目当てで来るのもありじゃないかと思います。インスタ映えした写真は注目を集めること間違いありません。

今回紹介したこと以外にも楽しめる要素満載なので、行ったことがない人は一度訪れてみてください!

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!