【一人暮らしの弁当】朝起きて5分で作れる!簡単、時短、節約になる弁当作りとは?

生活術

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

一人暮らしのみなさん。自炊してますか?

僕は社会人になってから一人暮らしをしていますが、休日以外は自炊して生活しています。理由としては節約です。休日は必ず出かけるようにしているので、外食が多くなるといった感じです。

そんな自炊ですが、弁当まで作っている人は少ないんじゃないでしょうか?

弁当というと朝早く起きて作るイメージがあるので、忙しい社会人にとっては難易度の高いことだと思います。

しかし僕は社会人になってから、仕事の日は毎日弁当を作って持って行っています。弁当を作るのを大変だと思ったことはありません。

弁当は妥協すれば簡単に作ることができるからです。

というわけで今回は、朝起きて5分でできる弁当作りを紹介します!

あくまで、社会人1年目の一人暮らし男性が作る妥協弁当なので、美味しかったり、しっかりした弁当が作れるわけではありません。

そのことを考慮したうえで「簡単時短節約」できる弁当作りが知りたい人は最後までお付き合いください(笑)

妥協弁当は5分で完成!

社会人になってから気づきましたが、朝の時間はとても大切です。可能な限りギリギリまで寝ていたいし、一人暮らしならゴミ出しや洗濯など、朝やりたい家事も沢山あります。

正直言ってそんな中、弁当を作る時間なんてありません。

ちゃんとした弁当を作ろうと思うと、最低でも30分は見ておかないといけない気がします。

では簡単で時短な弁当作りとはどうすればいいのか?僕が実際に試してみて至った結論は次の通りです。


  • ご飯を前日の夜にセットしておく(もしくは冷凍ご飯を作っておく)
  • おかずは冷凍食品か前日の残りを使う
  • 朝の時間で調理しない

一つずつ見ていきましょう。

ご飯を前日の夜にセットしておく(もしくは冷凍ご飯を作っておく)

弁当というとご飯だと思いますが、朝にご飯を炊こうと思うと時間がかかります。

弁当作りの鉄則ですが、ご飯は朝炊けているように前日の夜セットしておきましょう。

もしくは時間がある時に多めに炊いておいて、小分けにして冷凍ご飯として作っておくのも一つの手です。使いたいときに好きな量を使うことができるので、便利ではあります。

要するに弁当を作る際、ご飯を詰めることができる状態にしておくことが大事です。

おかずは冷凍食品か前日の残りを使う

ご飯は用意できたら次はおかずだと思いますが、おかずを作るのが一番時間かかるので、冷凍食品か前日の残りを使います。

一時、弁当のおかずを朝起きてから作っていましたが、朝の限られた時間で作るのは難しいのとおかずがマンネリ化してしまうことから止めました。

同じマンネリ化なら朝作れない冷凍食品の方が需要が高いですし、時間もかからないので効率がいいと思います。

おかずは時短するために、冷凍食品と前日の残りを使うということを覚えておきましょう。

朝の時間で調理をしない

おかずの部分で触れましたが、朝の調理は面倒くさいし時間がありません。

弁当を作るにしても、朝ご飯を作るにしても、クオリティを求めないなら朝の調理はしなくていいと思います。

可能な限り弁当作りの時間を減らし、朝の時間を有意義に使いましょう。


この3つのことができれば、5分で弁当を作ることができます。

手順としては「ご飯を詰める」→「冷凍食品を詰める」→「完成」です。

ご飯にふりかけを混ぜたり、電子レンジが必要なものは温めるのに時間が取られますが、基本的には弁当箱に詰めるだけなので誰でも簡単に作ることができます。

最近の冷凍食品はすごい!美味しいし、自然解凍でOK

弁当を5分で作る工程として、おかずを冷凍食品にしてますがこれには理由があります。

最近の冷凍食品は自然解凍できるという事です。

自然解凍なので電子レンジで温める手間がなく、凍ったまま弁当に詰めることができます。これが本当に時短になりますし、何より楽です。

商品によっては温める必要がある商品もありますが、ほとんどのおかずが自然解凍できます。

味も普通に美味しいので、自然解凍で詰めるだけの冷凍食品は弁当に最強だと思っています。

色々な種類を買っておいて、少しずつ弁当に詰めればちゃんとした弁当になるので、見栄えの面でも問題ないと思います。

節約的にもかなり良い

分かっていると思いますが、お昼ご飯を外食やコンビニで済ませるよりも弁当を作った方が食費は安く済みます。

僕の一か月の昼食代とコンビニで弁当を買った場合の昼食代を比べてみましょう。

自炊弁当・・・・・一食あたり225円 一か月あたり4500円
コンビニ弁当・・・一食当たり500円 一か月あたり10000円

一か月20日働いたとして計算してますが、弁当作れば5000円以上の節約になることが分かります。

僕は既に半年以上この生活を続けているので、単純計算30000円も節約しているという事ですね!

冷凍食品を購入する場所によって値段が違うので、必ずしもこの値段になるわけではありませんが、基本的にはこのぐらいの節約になると思います。

まとめ

今回は一人暮らしの弁当として、朝起きて5分で作れる弁当作りを紹介しました!社会人で一人暮らしのみなさん、参考になりましたか?

仕事で疲れている中の自炊や弁当作りは大変ですが、この方法を使えば簡単に弁当を作ることができます。

食費は自炊するだけでかなり節約することができるので、お金を貯めたい人、他のことにお金を回したい人は積極的に取り組みましょう!

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!