【目を鍛える・視力を上げる】スポーツ選手も利用する目のトレーニング法で視力が上がりました。

ストライカーの日常

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

現代病の一つとして挙げられるのが視力の低下じゃないでしょうか?

ペーパーレスによるパソコンの使用はもちろん、スマホの普及によって若いうちから視力が悪い人が増えています。

僕も大学生から社会人になるまでに視力が急激に悪くなりました。

眼鏡をかけるほどではありませんが、小さい文字や暗い中での作業に苦労する場面がよくあります。

そんな視力が下がり始めていた時期に、目は鍛えることで視力が戻る話を聞きました。

ダメもとで挑戦してみようと社会人になってから5か月続けてみたところ、10月の健康診断で視力が上がっていました!

というわけで今回は目は鍛えることで視力が戻る話から、実際に視力が上がったトレーニング法を紹介したいと思います。

目は鍛えれば視力が戻る!?

視力は生活習慣による影響が大きいとされています。

パソコンやスマホ、ゲームや読書などをすると目を酷使してしまい視力が低下します。

遺伝も視力の低下に関係しているようですが、電子機器の使用の多い現代だからこそ、視力が低下しやすい環境であると言えます。

現代の環境で視力は低下させやすいですが、視力は目の筋肉を鍛えることで上げることができます。

遠くの景色を見ると視力が良くなる、なんて話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは遠くを見るために目の筋肉を動かすので、視力を上がりやすくなるわけです。

このように目を鍛えることで視力は上げることができます。

視力が下がってきて困っている人は目の筋肉を鍛えることで、視力を回復させることができるということを覚えておきましょう。

スポーツ選手に目の悪い人はいない

突然ですが、スポーツ選手は目の悪い人が少ないと思いませんか?

ボールを追いかけたり、相手の動きを予測したりと瞬間的な変化に対応しなければいけないスポーツ選手は、目が非常に鍛えられているわけです。

そんな瞬間的な変化に対応するために、スポーツ選手は動体視力を鍛えるトレーニングをしています。

動体視力を鍛えることで目の筋肉も鍛えられているので、視力が悪い人が少ないわけです。

このことから僕たち一般人も動体視力を鍛えれば視力が上がることが分かります。

視力が上がった目のトレーニング法

スポーツ選手のように動体視力を鍛えることで、視力を上げることができると分かっていただけたと思います。

というわけでここからは、実際に視力が上がったスポーツ選手も利用しているトレーニング法を紹介します。

と言ってもトレーニングは簡単です。


顔を動かさずに目を上下左右に動かす。


これだけです。簡単じゃないですか?(笑)

僕は顔の軸を作った後、左右の時は肩幅より少し広いぐらいのところにそれぞれ人差し指を立て、目で人差し指を往復50回動かします。

それが終わった後、今度は頭の上から顎の下ぐらいの幅で上下に人差し指を置き、同じように目で往復50回動かします。

これを毎朝5か月行った結果、視力が次のように上がりました!


左:0.6→0.8

右:0.8→1.0


結果としてはとても小さく見えるかもしれませんが、視力が上がっているという点に注目するとこれはすごいことだと思います。

しかも毎朝2分程度のトレーニングで視力が上がるんですから、これほどコスパのいいトレーニングはありません。

継続することが大事

これは何事においても重要なことですが、トレーニングをするうえで重要なのは継続することです。

僕はまだこのトレーニングを始めて5か月ほどですが、継続したからこそ視力が上がったと思います。

特にこのトレーニングに関しては場所も取らないし、道具も一切使わないのが利点です。

取り組みやすいからこそ、さぼったり忘れてしまいやすいので、しっかり習慣化して取り組むようにしましょう。

トレーニング後のケアを忘れずに

目を鍛えることは大事ですが、トレーニング後のケアも大切です。

目薬を差して目を癒したり、ホットタオルなどで目の筋肉をほぐすようにしましょう。

またブルーベリーやほうれん草は目に良いとされています。

視力アップが期待できるだけでなく、疲れ目の回復にも効果があるので、食事から管理したい人は積極的に摂るようにしましょう。

まとめ

今回は視力が上がった目のトレーニング法を紹介しました!

トレーニング自体難しくありませんし、場所や時間も取りません。

僕は毎朝2分程度このトレーニングを続けただけで視力が上がりましたし、目を大切にしているスポーツ選手が取り組んでいる時点で視力が上げやすいことを証明していると思います!

動体視力も同時に鍛えることができるので、車の運転とかにも良い影響があるかもしれません。

まずは取り組むことが大事だと思います。次に大事なのは継続することです。

視力を上げたいと思っている人は朝のちょっとした時間や空いた時間を利用して目を鍛えてみてください。

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!