【夢を見る】疲れていると夢を見ない?夢について調べてみます。

ストライカーの日常

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

ストライカーの日常第16弾ということで、今回も日常の少し気になったことを書いていこうと思います。

誰もが夢を見たことがあると思いますが、みなさんは夢をどの頻度で見ますか?

僕は社会人になってから夢をみたことがありません。というよりは見ているのかもしれませんが、その記憶がありません。

夢を見る原因としてレム睡眠ノンレム睡眠があり、このレム睡眠時に夢をみることは知っていましたが、知識としてだけだったのであまり実感がありません。

夢はどういった時に見るのか?今回は寝ている時に見る夢について紹介します!

なぜ夢を見るのか

先ほども言ったように睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠の二つの睡眠状態に分けられ、一晩の間に交互に繰り返されています。

レム睡眠は急速眼球運動を伴う睡眠で、基本的に眠りが浅く、夢のほとんどはこのレム睡眠時に見ています。

ノンレム睡眠はレム睡眠の逆で眼球が動かず、ぐっすり眠っている状態の睡眠を指します。

眠りに落ちてすぐにノンレム睡眠になり、次にレム睡眠になります。基本的にこの二つの睡眠を90分で交互に繰り返しています。

レム睡眠時は脳の一部が起きているように活動しているため、眠りが浅くなり夢を見やすくなってしまうわけですが、逆にノンレム睡眠時は脳が活動していないので夢を見る状態にないというわけです。

ではなぜ脳が活動しているレム睡眠時は夢を見るのか?それは脳の大脳辺縁系が活動するためです。

大脳辺縁系は感情をつかさどる活動をします。この大脳辺縁系と感覚をつかさどる大脳皮質感覚が活動することで、情報の整理記憶の定着が行われてしまい眠りが浅くなります。

ところが脳の一部が活動しているといったように、前頭葉のような倫理的思考をつかさどる活動はされていません。

これにより現実では起こらない内容でも、夢の中では違和感を感じないことが多いです。

逆に平凡な内容の夢ならば、ノンレム睡眠時に見ている夢の可能性が高いとされています。

体調やストレスとの関係性

夢が体調やストレスに関係しているのか気になりませんか?

夢はその人の精神状態を表しているとも言われています。夢に好きな人が出てきたり、今後の予定に関係する内容の物だったり、現実でよく考えている内容が夢として現れるわけです。

これと同じようにその人の体調やストレスを夢によって現す場合があります。簡単に見ていきましょう。

体調不良の時は悪夢を見る

悪夢を見るときは体調が悪い時かもしれません。

特に発熱を伴う場合はこの傾向が強いらしく、奇妙な夢を見てしまうことがあるようです。

体調不良が悪夢を引き起こす原因になるかもしれないので、悪夢をよく見る人は自身の体調に目を向けてみましょう。

ストレスの時も悪夢を見る

大きな波が襲ってきたり、飛行機に乗り遅れたりと奇妙な夢を見る人はストレスを抱えた人かもしれません。

心の状態が不安定になるとこういった奇妙な夢を見やすくなってしまうので、近頃変な夢を見るという人はストレスを抱えていないか考えてみましょう。

何かしらの出来事があった後も夢を見やすい

自分が落下する夢や全裸になる夢は何かしらの出来事があった後に見やすいようです。

例えば恋人と別れた後だったり、もめごとに巻き込まれた後などは精神が不安定になっているため、普段体験しないような夢を見てしまいます。

体調やストレスとは違い、夢を見る前から何かしらの変化があった時に見る夢なので分かりやすいですが、日ごろの生活が与える脳への影響はとても大きいものだということです。

疲れていると夢を見ないのか?

ここまでの話で夢を見る条件として「レム睡眠」、「体調不良やストレス」があることが分かりました。

では仕事なので疲れて寝てしまった時などはどうなのでしょうか?

疲れて寝てしまった時などは爆睡しているので、ノンレム睡眠のような気もしますが、実はあまり関係がないようです。

先ほども言ったように寝ている時は、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているので、疲れて寝てしまったからといって眠りが深くなるわけではありません。

逆にいつも寝ている場所で寝ず、ソファや机といった場所で寝落ちしてしまうと夢を見やすくなるようです。

要するに体調不良やストレスで夢を見やすくなるのと同じように、寝る環境が悪いと睡眠の質が悪くなり夢を見やすくなってしまうという事ですね。

まとめ

結論、疲れて寝たからといって「夢を見ない=しっかり寝れる」というわけではありませんでした。

むしろ疲れて体調を崩したり、寝る環境が悪かったりするとレム睡眠の状態が続き、体には良くないことが分かりました。

僕は社会人になってから前より疲れてはいますが、「夢を見ない=健康的な生活を送れている」ということだと思います。

夢を見ることは体の異常を告げるサインかもしれないので、夢を見たときは夢の内容と頻度に注目して生活しましょう。

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!