【簡単治療】風邪に葛根湯がめちゃめちゃ効く件について

ストライカーの日常

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

季節の変わり目というと体調を崩しやすくしませんか?

というのも僕自身、最近風邪をひきました(笑)

風邪を治す方法というと色々な方法があると思いますが、どれも的を得ていて逆に参考になりません。

結局のところ、自分に合った方法を見つけることが一番大事という事になります。

という事で今回はストライカーの日常第9弾として、僕が風邪をひいた時に必ず行う対処法を紹介します!

はじめに

風邪というと人それぞれ予兆がありますよね。

鼻水が出る人、熱が出る人、その他にもあるかもしれませんが、その中でも僕は喉から来ます。

喉からの風邪って結構しんどいです。喉から風邪をひく人は共感してくれると思いますが、喉がものすごく痛くなり、その喉の痛みが気になって眠れず、最後は発熱して倒れる。そんな感じです。

まあ風邪自体どの症状もしんどいと思いますが、僕は喉からくる風邪以外を知りません。

要するに今回の風邪に対する対処法は、喉風邪を治した実体験になるので、その辺を理解したうえで読んでください(笑)

それでは本題に入りましょう!

のど飴をひたすら舐める

これは風邪をひく前の対応になりますが、喉に違和感を感じた時、僕はのど飴をひたすら舐めています。

喉を傷めると風邪なるリスクも上がるので、喉に違和感を感じた時にすぐのど飴を舐めて乾燥させないようにしています。

喉を乾燥させたくないのならマスクをすればいいじゃん!と思う方もいると思いますが、僕はマスクをするのが嫌いなんです(笑)

これはただの個人的意見ですが、マスクをすると息苦しさを感じてしまい余計に体調が悪くなる気がします。

もちろん本当に風邪をひいた時はマスクをしますが、まだ体調を崩していない時にマスクをするのはこういった理由であまりしたくありません。

なのでのど飴という方法で喉を乾燥させないようにしているわけです!

のど飴と併用で水分も取るようにしています。

基本喉に違和感を感じた時点で、いつも以上に喉を乾燥させないようにする感じですね。

葛根湯を飲む

先ほど紹介した方法で風邪を防ぐことができなかった時は葛根湯を飲んで体調を戻しています。

葛根湯とは何?と思う方に簡単に紹介すると、発汗作用により体の熱や痛みを発散して体調を戻すというものです。

僕は一般的な風邪の場合、ほとんどこの葛根湯で治しています!

発汗作用により熱を放出して治す方法なので、飲んだその日は熱が上がりますが、翌朝にはすっきりした気分で朝を迎えることができます。

熱もかなり下がるので1日葛根湯を飲んでおけば安心です。

飲んだ時と飲んでいない時ではかなり体調に差があるので、僕は風邪の時必ず葛根湯を飲むようにしています。

また飲みやすさでいうと、正直言ってあまり美味しくありません。

でもそこは良薬は口に苦しというように、飲みにくいからこそ体にはよく効くんだと思います。

個人的に液タイプの方が飲みやすいので、こだわりがなければ液タイプを選びましょう。

まとめ

風邪は結局ひかないのが一番だと思います。

日頃の手洗いうがいと体調管理をしっかりして、風邪をひかない環境を作るようにしましょう。

それでも日頃の疲れから風邪をひくことはあると思います。

風邪をひいてしまった時の対処法として、今回の紹介を参考にしていただけると幸いです。

「風邪には葛根湯」と言えるぐらいおすすめの薬なので、体調を治すのがいまいち分からない人や今すぐ体調を治したい人はぜひ試してみてください!

風邪に気を付けて毎日の生活をより良いものにしましょう!

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!