活字嫌いが本を読むようになった方法と習慣とは?

インドア

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

場所も取らず行える娯楽といえば読書じゃないでしょうか?

空き時間や移動時間を使って読書をする人もいれば、読書を趣味として楽しんでいる人もいるでしょう。

僕も空き時間を使って読書をするようにしています!本から得られる知識は膨大で、生涯本を読み続けたとしても知り尽くすことは無理でしょう。

そんな読書ですが活字が苦手な人からすると、なかなか続けることが難しいと思います。

僕も昔は漫画しか読むことができませんでした。活字の多い本を読もうとすると睡魔が襲ってきて、気が付けば寝ていることが多かったです(笑)

本を読むことは大事だと思うけど、なかなか続けることが難しい。そんな風に思っている人に向けて今回は、活字嫌いだった僕が本を読めるようになった方法と習慣を紹介します!

とりあえず話題になっている本を読んでみる

まず初めは話題になっている本から読んでみることをおすすめします!

理由としては読みやすい本が多いからです。

話題になっている=多くの人に評価されているということなので、初心者が手を出しやすい内容になっていることが多いです。

また映画やドラマになっているものを多くあるので、書店やネットでも簡単に見つけることができます。

読書を始めようとしている人はまず初めに話題になっている本を中心に読んでみましょう。

目についた本を読んでみる

話題になっている本を読むのと同じぐらい個人的におすすめするのが目についた本を読んでみることです。

ふと目に留まった本は自分の興味のある内容の場合が多いです。

目に留まった本を買って読むと決めておけば読書を習慣化することができますし、なにより本を選ぶ手間が省けます。

そういった意味で目に留まった本を読むことはとてもおすすめです!

僕はいつもこのやり方で読書を楽しんでいます。

話題になっている本を読むのもいいですが、ふと目に留まった本を買って読んでみるのもいいでしょう。

好きなジャンルの本を探す

好きなジャンルの本を読んでみるのもいいです。

好きなことだから飽きずに読むことができますし、好きな内容なら突き詰めて読むことが可能です。

読書を習慣化させる意味でも一番簡単で、取り組みやすい方法でしょう。

興味がある内容、好きなジャンルがあるならこの方法で読書を続けてみましょう。

シリーズ系の本を読む

シリーズ化されている本なら、長いスパンで読書を続けることができます。

シリーズ化されている時点で世間からの評価も高いので、話題になっている作品同様に読みやすさがあります。

一度はまればそのシリーズを読破するまで買い続けてしまう可能性が高いので、いちはやく読書の魅力に気づけること間違いありません!

本を買い溜めない

僕が読書を続けていくうえで大事にしていることは、本を買い溜めないことです!

本の魅力が分かると気になった本を買い溜めてしまいがちですが、一度本が溜まると読む気力が失せます。

たとえ読む気が失せなかったとしても、読書をすることが作業化されるので楽しむという点で読書をすることができなくなります。

買った本を読み切ってから次の本を買うようにしましょう。

その方が楽しんで本を読むことができますし、なにより経済的です。

まとめ

今回は個人的におすすめする読書の仕方について紹介しました!

本から得られる知識や考え方は非常に有益です。

読書の魅力に気づけていない人はまずどんな内容の本でいいので読んでみましょう!

一度面白いと思えば読書を続けるようになります。そうなれば普段の生活から感じることができない知識や情報を得ることができるのです。

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!