【絶対に買うべき!】骨伝導イヤホンの良さとおすすめの理由とは?【AFTERSHOKZ】

商品紹介

みなさんお疲れ様です!ストライカーです!

少し前Bluetooth機能付きのイヤホンが壊れたので、前々から気になっていた骨伝導イヤホンを購入してみました。

もともと耳の中に入れるもの(イヤホンや耳栓)があまり得意じゃないので、そういった意味でも骨伝導イヤホンにとても注目していたのですが、使用してみて予想以上のクオリティだったので今回紹介したいと思います。

まず今回僕が購入した骨伝導イヤホンを紹介しておきます。

AfterShokz Aeropex

2019年7月22日にリリースされたAfterShokz の最新製品で、旧型製品Trekz Airに比べて格段に性能が上がっているようです。

AfterShokz は骨伝導技術分野で8年研究しており、世界中の特許認証を300個以上取得しています。

僕も実際に使ってみて、従来のイヤホンのような変わらない使用感と骨伝導ならではのメリットを感じました。

その部分を一つずつ紹介していきます。

骨伝導の仕組み

骨伝導は内耳のうずまき管に直接音の振動を伝えることで、聴覚神経が揺れて音として聞こえるようになっています。

耳をふさぐと外から聞こえる音は聞こえなくなりますが、耳をふさぎながら声を出すと自分の発した声は聞こえますよね。

これは骨伝導によって、内耳のうずまき管に自分の声が振動を与えているので聞こえるようになっています。

この仕組みを利用すれば外の音を聞くことも、骨伝導による振動音も聞くことも同時にすることができます。

耳にやさしいため難聴になりにくい

先ほども言ったように骨伝導は振動によって音を伝えます。

そのため従来のイヤホンより耳に負担をかけることなく音を聞くことができます。

最近ではイヤホンなどによる難聴が問題視されていますが、その点骨伝導イヤホンなら耳への負担を最小限に音を聞くことができます。

ヘッドホンよりも耳への負担は少ないので、難聴を気にする人や普段爆音で音楽を聴いている人は骨伝導を検討してみましょう。

外の音が聞こえるメリットが多い

外の音と振動の音を同時に聞くことができるのが骨伝導イヤホンの強みです。

音楽を聴きながら会話することも可能ですし、ランニング時の車などの危険な音も聞くことができます。

個人的にランニングで使用した際、前のイヤホンより外の音を聞きながら音楽を楽しむことができたので、外の音聞ける安心感があります。

ランニングだけでなく、車や電車の移動中にも利用できるので活用の範囲は広いと思います。

懸念される音漏れもほぼ問題なし

耳の中に入れていない分、音漏れするのではないかと思いましたが、よほどの大音量ではない限り全く心配ありません。

他の人につけてもらって音漏れを確認しましたが全く聞こえなかったですし、電車の中でも実際に使ってみましたが、隣の人もこちらを気にする様子はありませんでした。

振動だけで音を伝えているわけではないと思うので、あまりに大きな音だと聞こえる可能性はありますが、普通に聞く分には音漏れを心配する必要はありません。

振動も最小なので全く気にならない

振動によって音を伝えるので、耳につけた際の振動が気になるのではないか不安がありましたが、音漏れ同様気になるレベルではありません。

前作の Trekz Air ではある程度の振動があったようですが、今回の Aeropex では振動もかなり改善されています。

全く振動が無いわけじゃないので気になる人もいるかもしれませんが、違和感なくつけていられるレベルだと思います。

逆に振動が好きだった人にとっては、かなり振動が抑えられてしまったので残念かもしれません。

骨伝導イヤホンをおすすめしたい人

骨伝導イヤホンの良さを紹介してきましたが、次のような人には特におすすめです。

・耳の中にイヤホンを入れたくない人
・ランニングしながら音楽を聴きたい人
・日常会話をしながら音楽を楽しみたい人
・難聴を気にする人

・耳の中にイヤホンを入れたくない人

これは僕みたいな特殊な人だけかもしれませんが、耳に物を入れたくない人にはおすすめできます。

耳の中に何か入れると耳の中がかゆくなるといった話も聞いたことがあるので、そういった人には相性のいいイヤホンだと思います。

・ランニングしながら音楽を聴きたい人

ランニングは周りの音に注意しなければいけないと思います。

車や自転車の音は耳をふさいでいると聞こえにくく、視界からの情報しかありません。

その点骨伝導イヤホンなら耳をふさぐことはないので、安心してランニングをすることができます。

・日常会話をしながら音楽を楽しみたい人

ランニングの時同様に耳をふさがない骨伝導イヤホンなら、日常会話を楽しみながら音楽を聴くことができます。

家事や育児をしながら音楽を聴くことも可能ですし、誰かと話しながら音楽を聴くこともできます。

コンビニとかで多少の会話が必要な時でも、いちいちイヤホンを外さなくていいのでとても便利です。

・難聴を気にする人

何度も言うように耳に直接音を伝えない分、難聴のリスクはかなり抑えられます。

イヤホンによる難聴のリスクが騒がれているので、そういった予防にも骨伝導イヤホンは効果的です。

まとめ

今回は骨伝導イヤホンについて紹介しました!

実際に使ってみてメリットばかり感じましたし、普通のイヤホンとしても使用することができるのでおすすめです。

僕はランニング用に首にかけることができるタイプの物を買いましたが、左右のイヤホンが繋がっていないタイプの物もあるので、好みや用途に合わせて購入してみてください。

いざ使ってみると新感覚で音を聞くことができると思います。新しい音体験がしてみたい人も検討してみてください!

それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!